• ホーム
  • 協会概要

協会概要

ご挨拶

バスケットボールを愛する多くの方々には、日頃より、本協会の運営に対しましてたいへんなご支援、ご協力、ご指導をたまわり心から感謝申しあげます。

本協会の組織につきましては、去る平成26年5月27日の代議員会で、私が会長に選任されました。代議員会後の臨時理事会で、新しい副会長を加えた理事の構成と職務分担を次のとおり発表させていただきました。

また、これまでの本協会の法人格取得など長年にわたり多大なご功績がございました前会長の阿部 克三氏を「名誉会長」に任命させていただきました。

本協会は、平成21年6月5日に、一般社団法人としてスタートしました。
この法人の設立目的として、
1.バスケットボール競技の普及・振興と競技力の向上
2.県民の生涯にわたるスポーツ活動の推進と発展に寄与

とありますが、設立から5年を経過し、定款上の各事業を見直し、新たな視点で、再スタートすべきと考えております。

少子化の影響が全ての分野でじわじわと出始めており、バスケットボールを支える競技人口、特に子供達が減少することはイコール競技の衰退と考えなければならず行政・各連盟・各協会・各スポーツ関係者が「オール神奈川」として一体感をもって「バスケット王国神奈川」を目標に、あらゆるジャンルで「日本一」の目標をもってとり組める仕組みを考えることが、私の大きな使命と思っております。
是非、「バスケットボール競技の将来の向かうべき方向性」も含めて、皆様の多くのご意見をいただき「マスタープラン」を策定する予定です。

目的の中に、バスケットボールの選手・愛好者の健康、特にバスケットボール特有の傷害に関する予防などについての部分が欠落しているので「医科学」についての組織化と、その事業について加える考えでおります。

2020年の東京オリンピックに向け、神奈川県で育った選手が何人活躍できるか子供たちとともに大きな夢に向かって前進しましょう。

一般社団法人 神奈川県バスケットボール協会
会長 柿沼 憲一

一般社団法人 神奈川県バスケットボール協会 会長 柿沼 憲一

概要

名称 一般社団法人神奈川県バスケットボール協会
Kanagawa Basketball Association
所在地
〒220-0073 神奈川県横浜市西区岡野1-5-3 サンワビル2F
TEL:045-534-6135
目的

神奈川県におけるバスケットボール競技団体を統括し、かつ、これを代表する団体として、バスケットボール競技の普及・振興と競技力の向上を図り、もって県民の生涯にわたるスポーツ活動の推進と発展に寄与することを目的とするために、次の事業を行う。

  1. バスケットボールの普及・振興のための事業
  2. バスケットボールの競技力向上のための事業
  3. バスケットボールに関する技術の調査研究
  4. バスケットボール指導者・審判員の育成と養成
  5. バスケットボールに関する大会及び競技会を開催し、各種大会・競技会の後援
  6. バスケットボールに関する記録の編集及び情報の収集と提供
  7. バスケットボールに関する功労者・優秀選手等の表彰
  8. 公益財団法人日本バスケットボール協会(以下「日本協会」という)との相互連携
  9. 公益財団法人神奈川県体育協会との相互連携
  10. 各種スポーツイベントの企画,立案,製作,運営
  11. スポーツ施設の経営
  12. 前号に関する指導教室の経営
  13. 前各号に関連するスポーツ用品,日用雑貨品,書籍及びテキスト等の販売
  14. その他、前各号に掲げる事業に附帯又は関連する事業

組織図

組織図

  • 各専門委員会には、連盟より選出された委員を置く
  • 理事会は、常務会8名、連盟理事8名、地区協会代表理事原則1名で9名以上20名以内で構成する
  • 代議員会は、定款第9条により選出されたメンバーで構成する

役員一覧

役 職 氏 名
会長 柿沼 憲一
副会長 坂本 昌彦
副会長 兼 専務理事 半田 真一郎
常務理事
(管理運営Gリーダー)
河内 健一
常務理事
(競技運営Gリーダー)
笹原 健司
常務理事
(強化育成Gリーダー)
岡崎 朝夫
常務理事
(渉外事業Gリーダー)
高久 明美
理事(審判Gリーダー) 清水 幹治
理事(財務部会長) 笠原 昭彦
理事(管理運営G担当)
  • 石田 昌子
  • 小島 良幸
  • 石川 智
理事(競技運営G担当)
  • 山上 秀樹
  • 廣田 和生
理事(強化育成担当)
  • 星澤 純一
  • 岸部 宜文
  • 鵜飼 数夫
理事(渉外事業G担当)
  • 滝沢 孝幸
  • 小島 明人
  • 椎橋 孝
  氏 名
監事
  • 平能 孝一
  • 佐塚 久信